Uber Eats(ウーバイーツ)バイク・自転車どっちが稼げる?

Uber Eats(ウーバイーツ)は、最近になって急激に注目度を集めるフードデリバリーサービスであり、サービスを利用する側だけでなく、新しいワークスタイルとしても注目されています。

配達員のことを配達パートナーと呼びますが、配達パートナーは主に自転車かバイクのどちらかで配達を行い、「バイク・自転車どっちが稼げる?」のかが、さまざまなところでよく話題になります。

ここでは、Uber Eats(ウーバイーツ)の基本システムや傾向などから、

  • バイク・自転車どちらが稼げるのかの検証
  • 配達時の注意点

これらのことを中心に詳しく解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はバイクの方が稼げる

配達エリアの傾向や計画性をもってしっかりと配達を行えば、結論的にUber Eatsではバイクの方が稼げます。

配達パートナーの報酬は、一般的なアルバイトや会社員とは異なり、固定給ではなく1件あたりの配達に応じて報酬が支払われるため、配達研修を増やすことが大きなポイントになります。

単純に配達件数を増やすことを考えれば、自転車よりもバイクの方が機動力に優れているので、計画性をもってしっかりと配達をすれば、バイクの方が自転車よりも稼げるということになります。

また、配達パートナーの報酬は、距離に応じても変動するため、長距離配達の依頼を受けやすい点も、バイクの方が稼ぎやすい大きな要因となります。

ですが、バイク・自転車共にメリット・デメリットが存在するので、これらのことをしっかりと踏まえることも大事です。

バイクのメリット・デメリット

メリット

  • 体力に関係なく配達件数を増やせる
  • 長距離依頼を受けやすいため1件あたりの単価が高くなりやすい
  • バイクの装備によって天候や気候の影響を受けない

デメリット

  • 燃料費などの維持費が必要
  • 交通規制やルールに左右されやすい
  • 自転車のメリット・デメリット

自転車のメリット・デメリット

メリット

  • 小回りが利くので密集地では稼ぎやすい
  • 燃料費が不要
  • メンテナンスも安くすむ

デメリット

  • ある程度の体力が必要
  • 長距離依頼に対応しつらい
  • 気候や天候の影響を受けやすい

Uber Eats(ウーバーイーツ)を自転車で配達するならどんな自転車の種類がおすすめ?

Uber Eatsの配達パートナーは、自転車でも配達することができます。

自転車の場合はバイクと違い、ある程度の体力が必要になるため、少しでも体に負担をかけないためにも、電動自転車が配達におすすめです。

電動自転車はものによっては原付バイクよりも高額になるため、持っていない方によっては大きな出費となってしまいます。

ですが、Uber Eatsはいくつかのレンタル会社と提携しており、それらレンタル会社から電動自転車をレンタルして配達することができます。

配達パートナーの仕事を検討され、自転車での配達を考えている場合は、一度レンタル可能な自転車の種類をチェックしてみましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で自転車で稼ぎやすいエリアは?時給換算どのくらい?

Uber Eatsでの配達単価と時給換算の平均は、配達単価で400円ほど、平均時給で1400円ほどとなっています。

そのため、1時間あたりの配達件数は3件~4件ということになるので、この数字が平均的な目安であり目標となります。

小回りが利く点が時点のメリット

自転車での配達の場合、上記でもあるように、小回りが利くメリットを活かした配達になるため、オフィス街や住宅街など、1件あたりの配達距離が長くなりにくいエリアが稼ぎやすいエリアということになります。

特に都心のオフィス街などでは、交通ルールや規制が特殊なケースも多いため、バイクよりも自転車の方が稼ぎやすいです。

Uber Eatsの配達単価はエリアによって異なり、また都心になればなるほど単価が高くなる傾向があります。

そのため、オフィス街が多く、人口密度が高い密集地などは単価が高くなる傾向があるため、小回りの利く自転車が配達に有利となります。

その地域やエリアの平均時給や最低賃金も目安

配達パートナーの報酬の目安は、住んでいるエリアや活動するエリアの平均賃金や最低賃/もひとつの目安となります。

例えば、配達パートナー全体の平均賃金が1400円だった場合でも、そのエリアの平均時給が1000円だった場合は、目標のハードルを下げることができます。

そのエリアの平均時給が1000円で最低賃金が800円、配達単価の平均が400円だった場合、1時間で3件の配達をこなせば、そのエリアにおいての平均時給を超えることになります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でドコモの自転車レンタルは終了したの?レンタルするならどれがいい?

上記でもあったように、Uber Eatsはいくつかのレンタル会社と提携しており、その中でも「ドコモバイクシェア」や「COGICOGIリース」などがコスト面などにおいても人気があります。

特に、ドコモバイクシェアは、コスト面に加え、保険が充実していること、またレンタルできる自転車が豊富なことから、特に人気がありますが、「ドコモの自転車レンタルは終了した」といった声を最近聞くことが多いです。

2020年12月に提携終了

Uber Eats配達パートナーでドコモバイクシェアを利用する際は、特別プランが採用され月額4000円~16000円の格安プランで利用できます。

このプランこそが、コスト面の魅力であり人気の秘密ですが、2020年12月末でUber Eatsとドコモバイクシェアの提携が終了したと発表されました。

ですので、ドコモバイクシェアの特別プランは現在では適用されないので、レンタルする際には注意が必要です。

COGICOGIリースがおすすめ

コスト面においては、ドコモの特別プランと同額の「COGICOGIリース」もおすすめです。

レンタル料金は月額4000円とドコモと同額であり、また、レンタルできる自転車も1人につき1台と専用自転車とレンタルできるため、システム的にもわかりやすいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で途中でバイクと自転車の登録を変更する方法は?

配達パートナーとしてUber Eatsに登録する際は、アプリでの登録時に配達車両を選ぶ必要があります。

ですが、登録完了後に車両変更を行うには、自分で好きなタイミングで変更することはできません。

配達方法を変更したい場合は、サポートセンターに問い合わせを行い、その後サポートセンターによって車両を変更してもらう必要があります。

これは車両だけでなく、例えばバイクでナンバープレートを変更したい場合も、同様の手続きが必要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でバイクの駐禁対策にはどうすればいい?

Uber Eatsに限らず、配達業務においては、駐禁対策は必須であり、またテーマでもあります。

配達パートナーの場合は、飲食店に料理を受け取りにいく、受け取った料理を配達先に配達する、この2点が業務の主な工程になり、傾向になります。

ですので、駐禁対策が必要になるパターンは、飲食店に駐車場がないパターンと、配達先に駐車場がないパターン、この2つのケースで駐禁対策が必要になります。

業務においてこのようなパターンが発生した場合は、「料理の待ち時間を飲食店に確認する」「配達先近辺の駐車情報を事前に確認する」この2つが主な対策となります。

配達パートナーはアプリを使って業務を行い、またアプリには地図機能も搭載されているので、アプリを上手く活用し、事前に有効な情報を入手しておきましょう。

まとめ

ここでは、ここでは、Uber Eats(ウーバイーツ)の基本システムや傾向などから、バイク・自転車どちらが稼げるのかの検証、配達時の注意点、これらのことを中心に詳しく解説してきました。

結論からいうと、そのエリアの特徴や環境、また配達のスタイルによってバイク・自転車での稼ぎ方が変わります。

エリアの特徴やスタイルなどをしっかりと分析し、自分に合った配達方法で稼ぐことを心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です