Uber Eats(ウーバイーツ)軽貨物車なら配達OK!自家用車はNG。

Uber Eats(ウーバイーツ)は、コロナ過の影響もあり最近になって大いに注目されているフードデリバリーサービスです。

サービスの利用はもちろんのこと、サービスを提供する配達員(配達パートナー)の仕事も新たなワークスタイルとして注目されています。

ここでは、Uber Eats(ウーバイーツ)の基本情報や配達車両などから、

  • Uber Eats(ウーバイーツ)では配達に車が使えるのか?
  • 車・バイク・自転車おすすめの配達車両は?

これらのことを中心に詳しく解説していきます。

Uber Eats(ウーバイーツ)軽貨物車なら配達OK!

Uber Eats配達パートナーが配達に使える車両は、基本的に自転車か、120㏄以下の原付バイクとなっていますが、条件を満たせば軽自動車を配達車両に使うことができます。

Uber Eatsで使用できる車両

配達パートナーが配達で使える車両は以下のようになっています。

使える車両

  • 自転車
  • 原付バイク
  • 軽自動車(軽貨物車)
  • 120㏄越えのバイク

この4種類の車両を使うことができます。

自転車と原付バイク

配達パートナーではこの2種類の車両が最も多く使われており、最もポピュラーな配達車両となっています。

自転車と原付バイクどちらも持ち込みが可能で、また、所持していない場合でも、Uber Eatsが提携しているレンタル会社から車両をレンタルすることができます。

軽自動車

今回のテーマとなっている車での配達にあたる車両であり、配達パートナーの場合は軽自動車を配達車両として利用することができますが、表にもあるように軽貨物車であることが前提条件としてあります。

軽貨物車とは、街中でよく見かける黒色のナンバープレートを付けた事業車両のことをいい、一般的な自家用である黄色ナンバーの軽自動車ではありません。

そのため、軽自動車を所持していたとしても、事業車両の手続きを行い黒色のナンバープレートを取得してから車両登録を行う必要があります。

120㏄越えのバイク

こちらも軽自動車と同様に、事業用登録と、緑色のナンバープレートが必要になります。

軽自動車と同様に、自家用の白色ナンバープレートのバイクは使用ができないので注意が必要です。

[box class=”red_box” title=”Uber Eats(ウーバイーツ)軽貨物車なら配達OK!”]
  • 選べる車両は全部で4種類
  • 軽自動車を使用する場合は事業登録が必須
  • 一般的な自家用の軽自動車の使用はNG
[/box]

Uber Eats(ウーバーイーツ)で自家用車で配達するとどうなる?

上記でもあるように、Uber Eatsの配達パートナーで軽自動車を使用する場合は、事業登録を行った軽貨物車と条件があり、一般的な自家用車での配達はNGとなっています。

仮に自家用車で配達を行った場合、サポートの対象外になってしまうため、事故やトラブルが起こったとしても、Uber Eatsのサポートを受けることができないため、リスクが格段に上がってしまいます。

また、配達パートナーの業務はアプリでデータ管理されているため、例えば自転車で登録を行い自家用の軽自動車で配達した場合も、Uber Eatsの方にばれてしまうため、そのような場合はアカウント自体が停止になる可能性も十分にあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達するなら車よりもバイクと自転車がおすすめ

基本的に配達パートナーの配達は自転車や原付バイクで行い、配達パートナーの多くはその配達手段を使っています。

車よりもバイクや自転車がおすすめとされている要因には、Uber Eatsのサービス対象エリアや需要が大きく、バイクや自転車の方が配達効率が良いからです。

Uber Eatsの需要は密集エリアが高い

Uber Eatsのサービスの肝は「飲食店の料理を届ける」ことにあるため、おのずとサービスを利用する層が決まってきます。

お昼時であれば、会社が多くあるオフィス街、夕飯時であれば一般家庭が多い住宅街などが、Uber Eatsの主な需要でありターゲットとなります。

そのため、サービス対象エリアも必然的にオフィス街や住宅街などの密集地になるため、車での配達よりも、小回りの利くバイクや自転車の方が配達効率が良くなります。

エリアによっては車の方がおすすめ

基本的にはバイクや自転車の方が配達効率は良いですが、Uber Eatsは全国的にサービスを展開しているため、エリアによっては車の方が配達効率が良く、また季節や環境によっては車の方がおすすめのケースがあります。

距離が長い場合は車がおすすめ

例えば、飲食店から配達先までの距離が長いなど、1件あたりの配達距離の平均が長い場合は、車での配達の方が効果的で、また体への負担なども少ないです。

また、Uber Eatsの配達単価は距離に応じて高くなるため、長距離配達の依頼が多い地域などでは車での配達が有利となります。

雪が多い地域や梅雨の時期なども車がおすすめ

例えば冬の季節で雪が多いエリアなどでは、安全面を考えた際も車での配達がおすすめですし、雨の多い梅雨の時期などでも同様におすすめです。

また、車の場合は、季節や気温などに関係なく、飲食店の料理である商品を外的要素から守ることもできるので、商品の質の維持にも効果的です。

エリアの特徴をしっかりと理解し配達手段を選ぶ

Uber Eatsでは、配達パートナーの登録時に、配達車両を選択する必要があります。

後術にもありますが、配達車両は一度選ぶと変更時の手続きが必要となるため、配達車両を選ぶ際は、ある程度計画をもって選ぶことが大事になります。

配達車両を選ぶ際は、上記にあるようにエリアの特徴を掴んでおくことも大事ですが、需要や環境の影響なども踏まえ、どの車両が自分の配達スタイルに一番合っていて、どの車両が一番稼ぎやすいのかを考えることが何よりも大事です。

[box class=”red_box” title=”Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達するなら車よりもバイクと自転車がおすすめ”]
  • エリアの特徴や需要的にバイクや自転車の方が稼ぎやすい
  • 環境や時期によっては車の方がおすすめ
[/box]

Uber Eats(ウーバーイーツ)で車で登録して、後で変更できる?

上記でもありましたが、配達パートナーの登録時に、配達車両を選択する必要があり、後で車両を変更する際は、サポートセンターに問い合わせを行い、変更手続きを行う必要があります。

これは、車から自転車やバイクを変更する際だけでなく、例えばバイクを買い替えてナンバープレートが変更される際も手続きが必要です。

また、変更の際は手続き時に、パートナーセンターへ出向く必要があり、スタッフが必要書類の確認後変更してくれます。

オンラン上で手続きが完了しないため、時間と手間が必要になるため、できることであれば変更しないような計画で登録をすることがおすすめです。

その意味でも、やはりエリアの事前調査はやっておいて損はないといえるでしょう。

[box class=”red_box” title=”Uber Eats(ウーバーイーツ)で車で登録して、後で変更できる?”]
  • 車両変更は後でも可能
  • サポートセンターに出向く必要がある
[/box]

まとめ

ここまで、ここでは、Uber Eats(ウーバイーツ)の基本情報や配達車両などから、Uber Eatsでは配達に車が使えるのか?、車・バイク・自転車おすすめの配達車両は?など、これらのことを中心に詳しく解説してきました。

結論からいって、配達パートナーでの配達は、経費や維持費などのコストを考えた場合でも自転車やバイクの方が稼ぎやすいといえます。

ですが、ここまででもあったように、雪の多いエリアや配達距離が長くなるエリアなどでは、車の方が安全で効率的な場合もあります。

エリアの特徴や需要などをある程度調査しておき、スタイルや稼ぎやすさをしっかりと検証して、自分に合ったスタイルで配達パートナーの業務に取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です